ermineaのPhoto Gallery

季節の風景を中心に、山・動物・鳥など自然を楽しんで撮影しています。

YOKOHAMA AIR CABIN

テレビのニュースで見て乗ってみたいなと思っていた、「YOKOHAMA AIR CABIN」
タイミングよく家族で横浜に一泊で行くことになり乗ってみました。
乗っている時間は5分もないのに、片道1,000円往復1,800円と結構なお値段。
今回は神奈川県民割のクーポンを使用しました。


車で昼前に着き、宿に駐車して中華街で昼食

昼食後 AIR CABINの乗り場へ
山やスキー場では乗りますが、街中では初めてです。
まさしく空中散歩です。

その後山下公園をブラブラ

チェックインして部屋からの眺め 横浜ベイブリッジ

楽しみの夕食

スパークリングワインと

横浜 地ビール

久しぶりのフルコース料理

夕食後 すぐ隣の港の見える丘公園を散歩

5時ごろ起床して、また散歩。

ローズガーデンが見ごろでした。

朝食後チェックアウトして鎌倉へ

久しぶりの家族旅行でした。

秘湯 妙高高原 燕温泉 ~四十数年ぶりに訪問 2日目~

前回に続く報告です、2日目。


16歳~19歳までスキー部の合宿で、年末になると妙高高原の豪雪地帯、燕温泉スキー場に行ってました。
ずっと気になっていたので思い切って行ってきました。


5時頃目が覚めましたので再度山の中の露天風呂「黄金の湯」に行きます。
雨も上がり青空が見えてきました。

露天風呂の先の展望台から豪快な滝が見えます。

今朝は誰も入っていなかったのでじっくりと露天風呂の景色を撮ってみました。

雪山を見ながら早朝の露天風呂を楽しみました。

最高です!

宿の朝食が8時からなのできのう行った「いもり池」に再度訪問。

無風で天気が良いので池の写り込みが綺麗です。

戻って、宿の裏の水芭蕉の群生を撮影します。

ふきのとうも咲いていました。

朝食

この宿 燕ハイランドロッヂの創始者は元スキーのデモンストレーターでした。
学生時代基礎スキーにどっぷりつかっていた私の心がくすぐられます。
展示物を撮影させていただきました。
この方、長嶋 茂雄さんや三浦 雄一郎さんとの2ショットの写真もありました。
全日本スキー連盟の重鎮だったようです。

燕ハイランドロッヂ全景。

雪の時期にもう一度来たいな。



秘湯 妙高高原 燕温泉 ~四十数年ぶりに訪問 1日目~

16歳~19歳までスキー部の合宿で、年末になると妙高高原の豪雪地帯、燕温泉スキー場に行ってました。
ずっと気になっていたので思い切って行ってきました。


長くなるので2回に分けて報告いたします。


途中、志賀高原 高天原湿原の水芭蕉の群生に寄りました。
標高が高いのでまだ見ごろでした。

妙高高原に移動、景勝地のいもり池に寄ります。
日本百名山の妙高山、あいにくの曇り空でした、池を一周します。


新しいビジターセンター

ビジターセンターからの景色。

展示物

池の横のお蕎麦屋さんで昼食、二八蕎麦と十割蕎麦の合盛りと揚げたて山菜の天婦羅
どちらも食べ放題。

今回の目的地燕温泉に到着

当時の様子がそのままでした。

燕温泉街を抜けて山の中の露天風呂 河原の湯を目指します。

今シーズンは雪が多かったので5月下旬になりましたがこんなに雪が残っています。

大雪で橋が崩壊して先に進めません。
河原の湯はあきらめて戻ります。

少し手前の黄金の湯に行きます。

この辺りがスキー場でした。

神奈山 まだ雪景色です。

黄金の湯は更衣場所も湯船も男女別々

乳白色の湯の花たっぷりの温泉です。

今夜の宿、ブナの森の一軒宿燕ハイランドロッヂにお邪魔します。

内湯の沸し直し温泉(透明)40℃越し

半露天の湯の花たっぷりの源泉(冷泉25℃くらい)


冷泉と熱い温泉を交互に何度も入るといつまででも入ってられます。

大きな窓の外はブナの森 マイナスイオンたっぷりです。

一日目終了。


奥戸ローズガーデン

以前住んでいたことがる葛飾区、奥戸の住宅地の一角に薔薇園があったことを思い出して
見ごろだと思って行ってきました。昨年リニューアルされたようでとても綺麗なローズガーデンになっていました。


青空とグライダー  〜江戸川河川敷〜

 千葉県野田市の江戸川河川敷にウインチで離陸するタイプの滑空場があります。
見ていて面白いので時々見に行きます。
 この日は天気も良くて青空にグライダーの白い機体がよく映えて気持ち良かったです。
 到着した時には風向きが変わったのか、離陸する方向を下流から上流の位置から
上流から下流の位置に変更していました。

グライダーを収めるケースです。

ワイヤーを巻き取るウインチ

ウインチが動き出します。

機体が浮き上がりました。

機体が凧のように急上昇します。

機体の角度が変わります。

グライダー側からワイヤーを切り離しました。

20分ほど上空を散歩していました。

戻って来ました。

目印通りの場所に着陸しました。