ermineaのPhoto Gallery

季節の風景を中心に、山・動物・鳥など自然を楽しんで撮影しています。

前穂高岳    上高地でテント泊

単身赴任先の千葉県松戸市から自宅のある岐阜県多治見市にお盆休みで帰省の後半、前に登頂出来なかった前穂高岳に行って来ました。


午前1時過ぎに自宅を出発、中央道を中津川ICで降りて、国道19号を塩尻方面に走り、藪原で左折し野麦峠、乗鞍辺りをショートカットして4時ごろに沢渡バスターミナルのある第3駐車場に着きました。


さすがに夏休みのピークで駐車場は満車状態、最後の1台的な感じでなんとか停められました。往復2050円でチケットを購入、4時40分の始発バスにもなんとか乗ることが出来て5時10分上高地バスターミナルに到着。


今回はザックを2個準備して来ました、1個は荷物の少ない登山用、もう1個はテントやマット、シュラフカバーと薄手のダウン上下などお泊まりセットが入ったザック、バスターミナルに着いたその足でそそくさと小梨リゾート(キャンプ場)まで行きテント1張り大人一人分の利用料800円を支払い受付を済ませて手早くテントを設営、中にお泊まりセットのザックを放り込んで6時ごろ出発しました。


2年ぶりの穂高連峰です、今回は荷物が軽いので体が楽です。天気はもう少し晴れて欲しい感じです。祈りが足りませんでした。(笑)
岳沢登山路は最後に歩いたのは2年前の7月でしたが、倒木が多いのには驚きました。
新たに登山路入口から岳沢小屋までのに10箇所の標高表示が出来ていたのはわかりやすかったです。
時期的に高山植物が花をいっぱい咲かせて楽しませてくれました。


岳沢小屋に8時過ぎに到着、トイレとカロリーを補給し、ストックをザックに装着しヘルメットをかぶって8時40分ごろ出発です。 


重太郎新道に差しかかったあたりから下山する方々が続々と増え始めました、時間的に前日を奥穂高岳山荘に宿泊された方々だと思います。


岳沢小屋までの登山路よりはかなり勾配がきつくなり延々続きます、何箇所かハシゴとクサリ場がありました。


帰りが暗くならないか心配でヘッドライトを持参して来ましたが、11時10分ごろ順調に紀美子平に着きました。小休止後、山頂に向かって出発、約40分間岩場と格闘して山頂に到着、着いてびっくり一人しかいらっしゃいませんでした、その方に記念写真を撮っていただき少しガスが切れるのを待ちましたが断念して下り始めます。


紀美子平に戻って休憩、13時40分ごろ岳沢に向けて下り始めます。この時間になると人もぐっと少なくなり自分のペースで歩けました。


何度かこの辺りで長野県警のヘリコプターに人がピッキングされていくのを見たことがあるので岩につまづかないようケガをしないよう慎重に歩きます。


15時過ぎには岳沢小屋に着き小休止、小屋で宿泊の方々がビールを飲む姿を横目で見て、15時20分ごろ出発し17時ごろ河童橋まで戻って来ました。


前穂高岳山頂で一緒になり下りはずっとご一緒させていただいた、塩尻からの日帰りの方とここでお別れしました。
楽しい時間を過ごさせていただきましてありがとうございました。


歩いて数分でキャンプ場まで戻り、テントから着替えを持ってお風呂(600円)で汗を流した後、向かいの食堂で達成感に浸りながらビールを飲み、食事をして20時ごろには眠りに着きました。
夜は寒いと思い、薄手のダウンの上下とシュラフカバーを持参しましたが、上はトレーナー下はジャージで十分でした。ぐっすり眠って(いや眠りすぎですが)5時には起きてテントを撤収。


6時ごろ上高地のバスターミナルまで行くと沢渡行きのバスの始発は7時25分でした(悲)、沢渡からの始発バスが5時10分~続々と着くのに上高地始発は2時間15分後にしかありません。(みなさんご注意を)


8時前には沢渡バスターミナルのある沢渡第3駐車場に戻り、2日間分の駐車場代
1200円を支払い上高地を後に。
途中、昼食を済ませ千葉県松戸市の単身赴任先のマンションに13時過ぎに戻って来ました。


今回の山行で、穂高4座中3座を登頂しました、残りは北穂高岳だけです。今のところ予定は未定ですがやはり4座制覇したくなりました。(笑)
新たな目標が出来て嬉しいです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。