ermineaのPhoto Gallery

季節の風景を中心に、山・動物・鳥など自然を楽しんで撮影しています。

絵画と写真とポスターと

私のブログを見て、投稿した写真を元に絵を描いてくださった方々がいらっしゃいます。
写真とは違う描写は温かさや生命力が伝わって来て感動します。


今年1月に訪れた長野県の冬の上高地、田代池の風景です。
日本を代表する景勝地ですが冬季閉鎖中はほとんど人はいません。
徒歩でのみ訪れることが出来ます。
3度目の冬の上高地でしたが残念ながらガスがかかって太陽を望むことは出来ませんでした。
厳冬期の厳しさと静寂な雰囲気が伝わって来ます。


岡山のhiroさん

https://hironosuisai-yahoo-co-jp.muragon.com/


昨年5月に訪れた群馬県の足利フラワーパークの白藤のトンネルです。
ここの藤は種類も多く、花の美しさ、1本の木の大きさは全国屈指で、
たくさんのお客さんが訪れます。
雰囲気に合わせて女の子の後ろ姿を演出して頂きました。


有田教授さん

https://hydrangea.muragon.com/entry/199.html


こちらは帰省の時に良く利用する諏訪湖サービスエリアで見つけたポスターです。


空気の澄んだ冬季しか見ることが出来ない、岡谷市の高ボッチ山から見る富士山と南アルプス、諏訪湖の上空にかかる雲海の景色が最高に綺麗で、何度か足を運んでやっと撮ることが出来ました。
地元を象徴する景色として、ポスターになっているのは親近感を感じました。
(ポスターになったのは決して私が撮った写真ではありません)



松戸坂川 河津桜まつり  メジロも来ます。

3月3日(土)4日(日)と近所の松戸神社近くで桜まつりが開催されていました。
河津桜が満開になり屋台もたくさん出て賑わいます。
一気に春が来た気分になります。
私が楽しみなのは桜の花の蜜を吸いにメジロが来ることです。
桜の木が大きくないので身近で見ることができます。
雛まつりと桜まつりとメジロが一度に楽しめます。


国立天文台  パラボラアンテナの聖地

八ヶ岳近くのスキー場にいると大きなパラボラアンテナが見えます。
気になったのでスキーの帰りに近くまで行ってみました。
最大で直径45mが1台、やや小さいのが数台、さらに小さいのが数知れず(笑)


雪とアンテナの白が青空によく映えます。

よく見ると最大45mのアンテナはゆっくりと向きを変えて動いています。

小さなアンテナは全員が同じ方向を向いてきちんと整列しています。

ここは「国立天文台」日本の電波天文学の「聖地」だそうです。
無料で敷地内を見学できます。


冬の雲竜渓谷   雪と氷の世界

冬の雲竜渓谷の景色が綺麗という話を教えてもらって行って来ました。
1月下旬から2月なかばの厳冬期だけ見ることができる氷の世界です。
日光東照宮のすぐ近くの滝尾神社の駐車場に車を止めて約3時間ほど歩くと雲竜渓谷に着きます。
最深部の雲竜瀑に行くには前爪のアイゼンとピッケルかストックが必携です。


途中に日本最大規模の砂防ダムがあります。

視界の広い河原に出ます。

目の前に凍った滝が現れます、近づいて来た感じです。

雲竜渓谷の入り口です。

大きな氷柱が現れ始めます。

右も左も氷柱だらけです。

最深部の雲竜瀑まで来ました。
途中には斜めになったアイススケート場?のようなところがあります。

この氷瀑を登っている人がいます!
あとで聞くと3時間ほどかけて登ったとのこと。

記念撮影


コルチナ国際 栂池 ブランシュたかやま スキー三昧

3連休は白馬方面〜八ヶ岳方面にスキーに行って来ました。
自宅を出発し200キロほど走ると車のメーターが270,000KMを達成しました!

午前7時ごろ白馬に到着、まずは八方尾根が全景見渡せる場所から定点チェック。
白馬に来たぞ〜って感じです。

今回のメインの目的地、コルチナ国際スキー場。そこそこの天気。

高校のスキー部OBの合宿です。

夜はもちろんこれ「白馬錦」!

夜中から雨が降って明け方から雪、あまり状況は良くないかも。

午後からはちょっと用事で隣の栂池スキー場に30年以上ぶりに来ました。



時折日が射して明るくなります。

姪っ子が宿で居候しながら基礎スキーの学生大会を目指しています。激励訪問。

夕方移動、道の駅の白馬村出身者の激励の垂れ幕。頑張れ日本!

翌日は八ヶ岳近くのブランシュたかやまスキー場、今日は本格的な雪降りです。

スキー三昧の3日間が終了しました。