ermineaのPhoto Gallery

季節の風景を中心に、山・動物・鳥など自然を楽しんで撮影しています。

葛西臨海水族園 

東京都江戸川区の葛西臨海水族園に行ってきました。
近くて便利なので手軽に行けます。
たくさんの家族連れと、保育園か幼稚園の遠足で賑わっていました。
入園料は大人700円、小学生以下は無料です。

葛西臨海公園の中にあります。

入園すると初めにサメやエイがいる水槽があります。

水生動物のコーナー

世界の海コーナー

マグロの水槽


しおだまり、渚の生物

たくさんのペンギンがいます。

トビハゼ

クラゲは不思議ないきものですね。


白馬三山〜不帰の嶮(かえらずのけん)〜唐松岳 

秋雨の間を縫って秋の北アルプスを歩いてきました。
前から歩いて見たかった北アルプス、白馬岳から唐松岳を9月22日(土)〜23日(日)で
行ってきました。


八方尾根の奥の猿倉というところから入山しました。
22日午前中は本降りの雨、その後は風は強いです天高い秋晴れの青空になりました。

有名な大雪渓、初めて行きました。

大雨で増水しています。

大雪渓、上から。

6時間ほどかけて今日の宿、白馬村村営頂上宿舎です。

左が杓子岳、右が白馬鑓ヶ岳。

正面は剣山(つるぎさん)

テント場 すでに50張りほどありました。

2日目午前3時に出発して、まずは1時間半で杓子岳頂上。

雲海。

剣山が朝焼けています。

まだまだ先は長い。

登山道であり、稜線であり、県境でもあります。
右が富山県、左が長野県です。

5時半ごろ白馬鑓ヶ岳に到着。奥は白馬岳(しろうまだけ)

立山連峰に白馬鑓ヶ岳の影が映ります。

長野県側の雲海。

手前の稜線と、奥の三峰を超えて行きます。

向かいの山には八方池と多くの登山者が見えます。

今朝、午前3時の出発から約9時間半かけて唐松岳(八方尾根の上の山)に着きました。

右端から白馬岳(しろうまだけ)〜杓子岳(しゃくしだけ)〜白馬鑓ヶ岳(はくばやりがけ)〜不帰の嶮【かえあらずのけん】一峰・二峰・三峰〜唐松岳を歩いてきました。
約16km〜17kmといったところでしょうか。クタクタになりました(笑)


松戸南部市場   

近所にある卸売り市場です。
築地の市場内では一般のお客さんは仕入れができませんが、
こちらの市場は業者さんも一般のお客さんも買い物ができます。
早朝なら築地から車で40分ぐらいですので毎日新鮮な食材を仕入れ
することができます。
日曜日は休みですが、土曜日は営業しているので時々新鮮な魚介類を
買いに行きます。
11月には毎年「市場まつり」が開催されます。


やっぱりここでもマグロが主役です。

今年はサンマが豊漁で安いようです。


鋸山(のこぎりやま)

千葉県の房総半島にある「鋸山」に行ってきました。
場所はJR内房線の浜金谷駅のすぐ近くです、ロープウェーや有料道路でもあがれますが、無料の観光道路と駐車場を利用して行ってきました。山全体が「日本寺」というお寺の敷地であり、入り口で拝観料600円を支払って中に入ります(8:00〜17:00)

奈良の大仏より大きな日本で最大(31.05m)の大仏さま

登山道は全て整備された階段です。

百尺観音

もともと採石場のため切り立った石の壁となってます。

地獄のぞき!

地獄のぞきから下を見るとこんな感じ。

自分の影が映ります。

金谷の町と金谷港。

館山自動車道が見えます。

房総半島の先の方面。

東京湾フェリーが金谷港から三浦半島の久里浜目指して出発しました。

ところどころに石のトンネルがあります。

稜線がギザギザなので「ノコギリ山」でしょうか。標高329.4m


築地市場   移転の前に

築地市場が豊洲に移転します。
「マグロの競りの見学」は移転すると廃止になるそうです、
築地市場でも9月半ばで終了するということで、最後に見たいと思い行ってきました。
午前5時からの受付で先着120名が2班に分かれて見学できるイベントです、
希望者多数の場合は5時前に締め切ることもあるというので4時前に受付に行きましたが本日の受付は終了しましたということでした。(涙)

午前4時ごろ。多分この時間東京で一番活気のある場所だと思います。

市場の中は「パタパタ」と呼ばれる台車が縦横無尽に走っています。

青果棟と水産棟があります。

飲食店街もあります、この時間にすでに開店を待つ人の行列。

吉野家の1号店。

場内市場の他に場外市場があります。


テリー伊藤さんのお兄さんがやってる卵焼き店


5時を過ぎて少し明るくなってきました、築地の周りはこんな高層ビルの景色です。