ermineaのPhoto Gallery

季節の風景を中心に、山・動物・鳥など自然を楽しんで撮影しています。

サンフラワーフェス2018 ひまわり畑

山梨県北杜市のヒマワリ畑でサンフラワーフェスというイベントが7月21日〜8月19日まで開催されています。
帰省の帰りに寄ってみました、南アルプスの山々をバックに咲くひまわりは雄大で清々しい感じがしますが、満開にはまだ少し時間がかかるようです。
それでもやっぱり夏の花「ひまわり」は青空がよく似合います。 


快晴の北穂高岳  富士山も雷鳥も見えた

3連休の1日目〜2日目を利用して、北穂高岳に山登りに行って来ました。
1日目沢渡バスターミナル4:40発の始発のシャトルバスに乗って上高地に入りました。


天気予報通り快晴の河童橋付近。

明神

徳沢 キャンプ場、もともとここは牧場だったそうです。
地面はふわふわの芝生のキャンプ場でした。

横尾 ここで涸沢方面と槍ヶ岳方面に別れます。

本谷橋 ここから先が本格的な登りになります。

ニッコウキスゲの群生 ちょっと遠いですね

河童橋から約7時間かけてやっと涸沢につきました。
左 前穂高岳、真ん中 吊り尾根、右 奥穂高岳。

涸沢ヒュッテはこんなところでした。

わかりやすいイラストでした。

この北穂高岳のコースマップは参考になりました。

夕食と、ビールとワインのつまみを兼ねた食事です。

夕暮れの景色。

夜になるとテント場はこんな感じになります。

翌朝

朝日に照らされて綺麗です。

中腹まで登ると涸沢カール全体が見渡せます。

こんなところもあります。

富士山が雲海の上に頭を出していました。

夏の日差しです。

雷鳥が「ヒョッコリさん」と出て来ました。

完全に冬毛から夏毛に入れ替わっています(雌)

頂上直下にはまだこんなに雪が残っています。

槍ヶ岳が最高に綺麗に見えました。

富士山と南アルプス。

本格的なドリップコーヒーをオリジナルのカップで頂きます。
イワツメグサ(高山植物)のイラストが入っています。

槍ヶ岳と一緒に。

帰りには親子の雷鳥がいました。

涸沢のテント場、上から眺めるとこんな感じです。

大急ぎでバスの時間に間に合うように戻ります。


あけぼの山農業公園  睡蓮

比較的近くで、四季折々の花を楽しませてくれる千葉県柏市のあけぼの山農業公園ですが、この時期は睡蓮も咲きます。
池には木道が設置されているので近くで見ることが出来ます。
鯉も亀もいてスローな時間が流れます(笑) 

筑波山  梅雨明け翌日

観測史上最速の梅雨明け発表翌日に、2年ぶりに筑波山へ山登りに行ってきました。
一番手前の駐車場ですが、一番安い一日200円の駐車場に停めました(笑)

登山路は筑波神社付近がスタートです。

筑波神社側からは3コースあります。

日本の道100選と書かれています。
日本100名山でもあります。

立派な門。

筑波山といえばこれです!

茅の輪(ちのわ)くぐりと言うそうです。

大きな鐘がぶら下がっています。

白雲橋コース入口。

最初の分岐。

茶屋跡、眺望がいいです。

山頂が近づいてくるにつれて巨岩・奇岩が現れてきます。

おお〜

巨岩に覆われた登山路。

女体山 山頂の祠。

女体山 山頂877m

霞ヶ浦方面。

筑波山は関東平野に突然、ニョキッと盛り上がった山です。

2個ある山頂の片方「男体山」

三角点

結構、高度感あります。

この岩を見て「ガマの油売りの口上」を思いついたと言う「ガマ石」
何となくわかるような〜

筑波山全貌はこんな感じです。

女体山側からの男体山。

男体山側からの女体山。

帰りはケーブルカ沿いの「御幸ヶ原」コース。

一時間ちょっとで下りてきました。

やっていました、「ガマの油売り」


花フェスタ記念公園  久しぶりに訪問

週末、岐阜県多治見市に帰省していました。
自宅から車で5分ほどの場所に「花フェスタ記念公園」というバラが有名な公園があります。
先週まで「春のバラまつり」が開催されていましたが少し遅れて行って来ました。
10年以上行っていませんでしたのでとても新鮮でした。

さすがに満開時期は過ぎていましたがたくさんのバラが咲いていました。

テーブルも「薔薇柄」

この日はジャズのコンサートが開催されていました。

さり気なく置かれた出番を待つサックスとフルートでしょうか?
楽器には縁が無かったので見るだけで新鮮です。

園内は広いので移動のためのトレインが走っています。

展望台からの御嶽山方面。

温室もあります。

温室には外来の植物がたくさんです。

先っちょが展望台になっています。